近畿植物同好会会報 在庫表
会報号数著者名主 要 記 事
会報66号
1995年12月
平野弘二稀産種オオミクリを堺市で発見
山住一郎石垣の植物を考える(5) ギフベニシダ
本会会員例会記事 第440〜443回観察会
会報67号
1996年2月
斉藤芳樹生物語源新考(12) タケニグサの”ニ”の意味
永瀬幸一北勢の植物と美濃三河要素
山住一郎飛騨高山・御岳山観察会で見たシダ
本会会員例会記事 第444〜445回観察会
会報68号
1996年8月
中井末松和歌山県友が島深蛇池のケイソウについて
平野弘二クロモジ属の冬芽の形態
村瀬忠義南アフリカ植物の旅
村瀬忠義他オーストラリアの植物をたずねて
山住一郎コヒロハハナヤスリとタチクラマゴケ
本会会員例会記事 第446〜449回観察会
会報69号
1996年11月
植村修二帰化植物ノート(6) 部分帰化を見分ける−ウマノアシガタ
織田二郎美ヶ原の観察会に参加して
平野弘二滝畑ダムにタカサゴユリが帰化繁殖
本会会員例会記事 第450〜453回観察会
会報70号
1997年2月
村田源日本の裸子植物
植村修二帰化植物ノート(7) シャゼンムラサキとシベナガムラサキ
竹村周銀杏
本会会員例会記事 第454〜455回観察会
会報72号
1997年12月
岡島一允服部緑地にオニバスが発生する
本会会員例会記事 第459〜463回観察会
会報73号
1998年2月
植村修二帰化植物ノート(8) 韓国生まれのアワコガネギク
永瀬幸一鉢伏高原と兵庫県レッドデータ植物
本会会員例会記事 第464〜465回観察会
会報74号
1998年8月
村田源日本のフローラの特性と里山の問題
植村修二帰化植物ノート(9) 公園に集合した帰化植物たち
上久保文貴大阪府南部の海辺の植物
水田光雄宝塚の水草
村瀬忠義ギアナ高地の植物を訪ねて
山住一郎シダ無配生殖(無融合生殖)の誘導
本会会員例会記事 第466〜468回観察会
会報75号
1998年11月
植村修二宮古島、沖縄本島で見た植物
織田二郎京都府、八丁平に現れたスゲについて
田中光彦枚方にサジオモダカ
本会会員例会記事 第469〜472回観察会
会報76号
1999年2月
植村修二帰化植物ノート(10) 丸坊主になったブタクサ−急に現れたブタクサハムシ
竹村周学名の話
本会会員例会記事 第473〜475回観察会
会報77号
1999年8月
植村修二帰化植物ノート(11) 襟巻きハコベ
左木山祝一ボルネオの熱帯雨林
村瀬忠義タイの熱帯植物をたずねて
山住一郎サンショウモの生活環
横山和志明冬の雑草を見分ける
本会会員例会記事 第476〜479回観察会
会報78号
1999年11月
村田源左巻と右巻き
岡島一允豊中市内におけるため池の「水草」
織田二郎大阪府八尾市にてオオアオスゲ見つかる
竹村周観察会で出会った植物
本会会員例会記事 第480〜482回観察会
会報79号
2000年2月
安藤義範紀ノ川の高水敷でみつけたカワラサイコの群生
本会会員例会記事 第483〜485回観察会
会報80号
2000年8月
村田源中国渡来と考えられていたいくつかの植物
植村修二帰化植物ノート(12) 帰化植物錦葉集(1)−斑入りになった帰化植物
中村俊之トウカイモウセンゴケとコモウセンゴケ
村瀬忠義中国雲南省の植物と万博
渡部壽子「近江神宮の森」について
本会会員例会記事 第486〜487回観察会
会報81号
2000年11月
植村修二帰化植物ノート(13) グリーンハウスウィード−熱帯植物の鉢物と一緒に運ばれる植物
織田二郎他イセアオスゲ探索記
永瀬幸一続 北勢の美濃三河要素
本会会員例会記事 第488〜491回観察会
会報82号
2001年2月
田中光彦生駒市にナガエミクリ
平野弘二木の葉の先に冬芽がついている!
平野弘二海岸埋め立て地に進出したハマサジ
本会会員例会記事 第492〜495回観察会
会報83号
2001年8月
村田源オナモミとオウレン
安藤義範兵庫県浜坂町田君川におけるバイカモ群落の保全
織田二郎ホソバカンスゲについて
斉藤芳樹生物語源新考(14) マツムシとマツムシソウ
山本修平和歌山県の植物の紹介
本会会員例会記事 第496〜497回観察会
会報84号
2001年11月
村田源金剛山植物観察追記−装飾花のないヤマアジサイ
植村修二沖縄本島で見た植物
水田光雄関西空港島の帰化植物
山住一郎ニホンカナヘビはシダが好き
本会会員例会記事 第498〜501回観察会
会報85号
2002年2月
植村修二他キタミソウを奈良県で発見
瀬戸剛大阪植物同好会とその会報
本会会員例会記事 第502〜505回観察会
会報86号
2002年8月
村田源襲速紀要素にまつわる植物分布について
村田源キブネダイオウについて
安藤義範兵庫県浜坂町田君川におけるバイカモの動向(1998〜2001年)
織田二郎他近畿地方におけるミヤマカンスゲの種内変異
水田光雄ウマゴヤシ類の見分け方
森本範正紀伊半島におけるキイベニウツギの分布
植村修二日本帰化植物友の会「神戸港の観察会」に参加して
本会会員例会記事 第506〜509回観察会
会報87号
2002年11月
竹田勝英近畿植物同好会との再会
冨永明良大阪府のワチガイソウ
織田二郎マシカクイ、クロタマガヤツリに感激 植物分類学会(於:宮崎県)に参加して
本会会員例会記事 第510〜512回観察会
会報88号
2003年2月
山本修平紀伊竜門山のヤナギ
岡島一允住宅の石垣に育つ植物
山住一郎広がりつつあるセイタカハハコグサ
本会会員例会記事 第513〜515回観察会
会報89号
2003年9月
村田源日本海側に分布する特異な植物
斉藤芳樹セントウソウのセントウの意味
安藤義範能勢町天王のモミ林における植生調査
橋本皓ハマデラソウの生活史
永瀬幸一体験的日本植生史
平野弘二キイセンニンソウの標本は黒くならない?
植村修二タカサゴユリの帯化
田中光彦帰化種あれこれ
本会会員例会記事 第516〜519回観察会
会報90号
2003年12月
織田二郎キシュウナキリスゲ紀ノ川を渡る
本会会員例会記事 第520〜524回観察会
会報91号
2004年2月
織田二郎新種「サンインヒエスゲ」がAPGに掲載されました
岡島一允網野海岸へイソギクを訪ねて
永瀬幸一サクラの美しさと変異について
本会会員例会記事 第525〜526回観察会
会報92号
2004年9月
岡本素治被子植物の起源と系統
萩原寛讃岐「満濃池」を訪ねて
北川隆康多田銀山のヘビノネゴザに含まれる重金属分析について
安藤義範姫路市東部の溜池における水生植物調査(予報)
植村修二帰化植物メーリングリストの話題から
安藤義範大阪府泉南郡岬町で採集したフサモ属について
本会会員例会記事 第527〜528回観察会
会報93号
2004年12月
岡島一允吹田市内のため池と水草
小山栄ウチワゼニクサが能勢町で野生化
織田二郎ハタベカンガレイとツクシカンガレイの正式発表
本会会員例会記事 第529〜533回観察会
会報94号
2005年2月
平野弘二他池田市で乳イチョウ発見
山本修平コゴメスゲ(カヤツリグサ科)を大阪府南部に記録する
植村修二大阪府美原町のオニバス
植村修二正体不明のハマデラヨモギ
田中光彦大東市にキレハヨモギ(仮称)
永瀬幸一長居公園の園樹たち
竹村周『花と木の漢字学』寺井泰明(大修館書店)を読む(1)−楓(フウ)はカエデではない?
本会会員例会記事 第534〜535回観察会
会報95号
2005年9月
天野史郎北河内植物目録におけるデータ処理
山本修平和歌山県で絶滅したと思われる植物
木村進タンポポ調査と雑種タンポポ
村瀬忠義カムチャッカの植物分布
村田源日本のフローラと植生帯を考える
永瀬幸一四国赤石山の植物
竹村周『花と木の漢字学』寺井泰明(大修館書店)を読む(2)−古代の「柳」は枝垂れなかった
田中光彦マメスゲとオカスズメノヒエ
山本修平稀少植物の産地の報告についてのお願い
西畑 敬一トピックス 乳イチョウ発見
本会会員例会記事 第536〜539回観察会
会報96号
2005年12月
山本修平アオオニテンナンショウ
岡島一允箕面市内のため池の水草
山住一郎トピックス タカサゴユリについて
本会会員例会記事 第540〜542回観察会
会報97号
2006年2月
植村修二南ベトナムで見た植物
山本修平和歌山県のネコノチチ
橋本皓畑で大きく育ったハマビシ
本会会員例会記事 第543〜546回観察会
会報98号
2006年9月
上久保文貴せんなん里海公園の海岸植物
森本範正大和高原の植物
村瀬忠義チベットの植物の旅2005年
村田源植物多様性と環境
永瀬幸一桜について
本会会員例会記事 第547回観察会
会報99号
2007年2月
日出幸啓子川久保渓谷のコケ
山本修平高槻市川久保のケケンポナシ
中山博子菅島の観察会に参加して
田中光彦淀川にヒトモトススキ
山住一郎キノクニスゲの不思議
本会会員例会記事 第548〜553回観察会
会報100号
2007年7月
日出幸啓子コケの胞子体と無性芽あれこれ
山住一郎他種子島・屋久島の植物
山本修平高野山の植物
織田二郎ミヤマカンスゲの有花茎の着き方
岡本素治木の実さまざま 鳥さまざま
村田源植物の遺存と環境を考える
植村修二クイーンズランド州ケアンズ(オーストラリア)で見た植物
中山圭子大阪市内で見られるニシキソウの仲間(トウダイグサ科)
上久保文貴貝塚市にエフクレタヌキモ
岡島一允能勢町高山の特徴ある植物
山本修平和歌山県には自生のコブシはない
永瀬幸一大樹報告
村上健太郎きしわだ自然資料館と岸和田高校から寄贈された?葉標本
本会会員例会記事 第554〜558回観察会
会報101号
2007年12月
織田二郎マキノでみたカンガレイ類似品はサンカクイであった
山本修平観察会で見られた植物から
川畑一弘三郎岳山頂にアリノトウグサ
平野弘二ブナの葉がない!−ブナハバチの被害−
平野弘二ヒノキバヤドリギがカマツカに寄生
本会会員例会記事 第559〜563回観察会
会報102号
2008年3月
山本修平カンガレイとサンカクイの区別点
日出幸啓子他高野山のコケ
植村修二帰化植物ノート(14) 公園に招かれざる客、メリケントキンソウが現れる
本会会員例会記事 第564〜566回観察会
会報103号
2008年8月
安藤義範近畿地方で採集した車軸藻類
日出幸啓子イバラゴケとその無性芽について
織田二郎ホソバカンスゲの研究U
山住一郎雑種シダの繁殖について−ゼンマイ属を中心に−
村田源キク属の学名について
村瀬忠義極東ロシア沿海州の植物の旅−日本の植物分布との関連−
川端一弘『新訂草木図説』の刊行について
岡島一允池田市内のため池と水草
植村修二帰化植物ノート(15) たった1本見つかったMercurialis annua L.
本会会員例会記事 第567〜568回観察会
会報104号
2008年12月
狩野登之助波賀町のコケ
川畑一弘加茂町(新木津川市)のアオモジ
竹村周人間は考える葦である
山住一郎島本町尺代のコバノチョウセンエノキ
本会会員例会記事 第569〜573回観察会
会報105号
2009年3月
川畑一弘奈良とヒメバライチゴ
本会会員例会記事 第574〜576回観察会
会報106号
2009年9月
川端一弘カツラギグミと堀 勝氏の誤解
平野弘二枝の途中から新芽が伸び出すからトチュウ?
石田未基敦賀半島西部のニチナンオオバコ
山本修平金剛山のイトアオスゲ
本会会員例会記事 第577〜579回観察会
会報107号
2009年12月
植村修二オーストラリア・ケアンズで見た植物 「世界最古の熱帯雨林」とマングローブー(その1)
山住一郎シダのたのしみ(1) カタヒバとイヌカタヒバ
平野弘二ノウゼンカズラの果実を発見
山住一郎キョウチクトウに果実ができていました
本会会員例会記事 第580〜583回観察会
会報108号
2010年3月
植村修二オーストラリア・ケアンズで見た植物「世界最古の熱帯雨林」とマングローブー(その2)
山住一郎シダのたのしみ(2) 根も葉もないシダ マツバラン  
織田二郎紀伊半島におけるヒメカンスゲの分布
川端一弘金剛山文献調査(1)
岡島一允「桃栗3年 柿8年」は本当
橋本皓モチツツジの花が正月に咲いていました
本会会員例会記事 第584〜586回観察会
会報109号
2010年8月
山住一郎ショウジョウバカマの不定芽
石田未基スズメノナギナタを三重県鳥羽市で採集
本会会員例会記事 第587〜589回観察会
会報110号
2010年12月
川端一弘金剛山文献調査(2)
田中光彦近畿地方におけるツルミヤマカンスゲの新産地
石田未基琵琶湖沿岸の緑地に広がるメリケントキンソウ
本会会員例会記事 第590〜592回観察会
会報111号
2011年3月
川端一弘金剛山文献調査(3)
植村修二ムラサキカッコウアザミと間違えていたPraxelis clematidea
石田未基株の下から出るムヨウランの花茎
本会会員例会記事 第593〜596回観察会
会報112号
2011年8月
狩野登之助石灰岩地帯のこけ
川端一弘金剛山文献調査(4)
植村修二他奈良県新産のミズタカモジとツクシイバラ
川端一弘斑鳩町のアメリカキカシグサ Rotala ramosior (L.) Koehne
山本修平和歌山県のヨコグラノキ
本会会員例会記事 第597〜599回観察会
会報113号
2011年12月
川端一弘金剛山文献調査(5)
石田未基滋賀県のオオハシカグサ
本会会員例会記事 第600〜604回観察会
会報114号
2012年3月
川端一弘金剛山文献調査(6)
山住一郎ショウジョウバカマの不定芽(2)
平野弘二『高槻市北部植物目録補遺』ができあがりました
本会会員例会記事 第605〜606回観察会
会報115号
2012年9月
川端一弘金剛山文献調査(7)
川端一弘富雄川のオニグルミ
石田未基京都府南部木津川沿いのキクザキイチゲ
本会会員例会記事 第607〜609回観察会

在庫切れ 第71号